忍者ブログ

さらさく

それは何よりも××××

過去の恥をさらしてみます。
ホラー風味のよくわからないものです。
本文は続きからです。
子どもを2人の母親が取り合うねぇ・・・・。


「どうかしたの?ああ、その話?
たしか痛がる子どもをみて手を離した方が本当の母親だったよね?」


違うよ。



「え?」



本当はもっと救いようのない話なんだよ。



「どうして?」



それはね・・・・・。




実はあの母親たち、両方ともホンモノなんだよ。
1人は生みの親、もう1人は育ての親ってヤツでね。
初めは2人とも、仲良かったんだ。
そうじゃなきゃ子どもなんて譲らないだろう?

その子どもがね、ものすごく可愛かったんだって。
それで物の怪に好かれちゃったんだ。
どうしても物の怪はその子が欲しかった。
それにはあの母親たちが邪魔だったんだよ。

だから、母親を1人に決めさせようとしたんだ。
しかもご丁寧に決める前の晩に2人の夢枕に立って
<何があっても離してはいけない。
そうしなければ極楽往生出来ないばかりか、この世でも恨み、妬まれ犬死にするぞ>
って言ったんだ。

裁判の時・・・2人は言われたとおりにした。
そう、イワレタトオリニネ。
案の定、子どもは泣き叫ぶ。
あわや引き裂かれてしまう・・・

物の怪はその時をねらっていたんだ。
誰もが目をそらすその瞬間を。
子どもを恐ろしい魔物とすり替えたの。
魔物は2匹。周りからは子どもが分裂したように見えた。

2人はそうとも知らず、それを育てるのだけれども・・・

彼女たちはそれによって恨み、妬まれるような呪いをかけられ、最後には村から追い出されて寂しい山中で死んだらしい。
そして、その死体は物の怪のエサにと献上された。

死体をみた子どもは発狂しちゃったって。
そりゃあそうだよね。助けにきてくれると思っていた人たちが死んでればね。

物の怪はそうやって子どもを手に入れたんだ。
「そこまでする必要があったの・・?」

あったのさ。逃げられちゃたまらなかったんだよ。


「それよりも・・・どうしてあなたがそれを知ってるの?」


それはねぇ・・・・・









ヤッタコトガアルカラサ。

「え、嘘でしょう・・・・」

サ、ツギハキミダヨ。

拍手

PR

コメント

プロフィール

HN:
ふみ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
メールフォーム←誤字・脱字・配布ファイルの不備がありましたらこちらから連絡お願いします。またこのブログ自体の問い合わせもこちらです。
パスつきの記事のパスワードはR-18。これに満たない方は閲覧しないでください。