忍者ブログ

さらさく

カスタムBOOK

イルヴァ資料館を眺めていたら、レントンのところに「君は誰だ? わたしの教え子の一人だったかな?」という台詞があり、そこから魔術士ギルドの講義内容はこんなものかな、と想像してBookテキストを書いてしまいました。

導入の仕方はwikiにもありますが、dataフォルダ内のbookテキストに貼り付けて追加してください。
2分割してありますので、それぞれ*からはじまるものをbookテキストの冒頭のリストに、#内をテキスト全体の下部に貼り付けてください。
その際、*部分に番号を振り分けるのを忘れずにお願いします。
また、テキスト内容は本家にある魔法のみを対象としています。
魔法が追加されているヴァリアントでは記述があいません。
テキスト内容自体はwiki内の情報をまとめなおした(わざと抜かしたものもある)ものです。
純粋に情報として知りたい方はwikiをご覧ください。

続きにテキスト本文及び、ダウンロードリンクがあります。

14/11/09 修正しました。
 




*,見習い魔術師のノート1,No date,    1
####################################
%*,JP
講義用ノート
516/04/15

魔法を使うにはストックがなければならない。
ストックを得るには
 魔法書を読む←スキルなどが必要
 不思議な巻物を読む
 夢で赤い髪の魔術師に教えてもらう
   └イツパロトルともいわれている?

各方法の違い
 魔法書…指定の魔法のストックが得られる
     失敗する
 不思議な巻物…ストックされる魔法が不明
        呪縛品はストックを失う
 夢…ストックされる魔法が不明

魔法書読解の失敗のパターン
 奇妙な力に捻じ曲げられ、テレポートしてしまう
 マナを最大MP分吸い取られる
 混乱する
 魔力の渦が発生しモンスターが出現する

魔法書を読むときに*絶対*にしてはいけないこと
 混乱・朦朧としているときに読む
 近くにモンスターがいる場で読む
 MPが無いときに読む

その他魔法書を読むのに注意すべきこと
 解読に自信がなければ野外ですぐ脱出できる場で読む
 強いペットがいるか確実に読めるものは場を問わない

魔法書でストックが得られない魔法
 肉体復活
 精神復活
 テレポートアザー
 野生召還
 闇の霧
 メテオ
 グラビティ

※復活の書は魔法書ではなく巻物と同じ使い方をする。

%END

%*,EN
No date.
%END
#####################################

*,見習い魔術師のノート2,No date,    1
#####################################
%*,JP
 講義用ノート
516/04/18

魔法書を読むには読書スキルだけではなく、
主能力も必要である。

○感覚
 インコグニート
 物質感知
 魔法の地図・ナイトメア
 帰還
 沈黙の霧
 四次元ポケット
 自己の変容 ←難しい

○習得
 知者の加護

○意思
 軽傷治癒・英雄
 聖なる盾
 癒しの手
 致命傷治癒・元素保護
 清浄なる光・リジェネ
 治癒の雨
 エリスの癒し
 解呪・加速
 ジュアの癒し・全浄化・契約
 ホーリーヴェイル

○魔力
 ショートテレポート・魔法の矢
 元素系ボルト・暗黒の矢・モンス召還
扉生成・蜘蛛の巣
 壁生成
 暗黒の光線・幻影の光線
 テレポート・地獄の吐息・麻痺の矢
 アイスボール・ファイアボール
 混沌の瞳・混沌の渦・元素の傷跡
炎の壁・魔力の集積
 轟音の波動
 神託
 魔力の嵐
 願い ←全魔法中もっとも難しい

○魅力
 魔術師の収穫
 支配

古書物を読むときに必要な主能力は魔力である。
古書物も魔法書と同様に失敗することがある。

○古書物の難易度、ギルドポイント
 ヴォイニッチ写本…1
 ドール賛歌…2
 ポナペ教教典…3
 グラーキ黙示録…4
 グ=ハーン断章…5
 断罪の書…6
 ドジアンの書…7
 エイボンの書…8
 大いなる教書…9
 セラエノ断章…10
 ネクロノミコン…11
 ルルイエ異本…12
 エルトダウン・シャールズ…13
 金枝篇…14
 終焉の書…15

%END

%*,EN
No date.
%END
#####################################
  
ダウンロードはこちらから

拍手

PR

コメント

プロフィール

HN:
ふみ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
メールフォーム←誤字・脱字・配布ファイルの不備がありましたらこちらから連絡お願いします。またこのブログ自体の問い合わせもこちらです。
パスつきの記事のパスワードはR-18。これに満たない方は閲覧しないでください。